FC2ブログ
・・・大阪・堺でマンツーマンの着付け教室を営む着付け講師の、普段キモノを楽しむ日々を徒然に…
プロフィール

マミ

Author:マミ
* * * * * * * *

いらっしゃいませ。
ツバキ庵主宰
スタイルアップコンサルタント
モリタ マミです。

似合う着付け(着付けレッスン)
似合う色(パーソナルカラー) 
似合うデザイン(ラインアナリシス)


ツバキ庵では貴方がより素敵に見えるよう多方面からサポートいたします。

* * * * * * * *

ツバキ庵は、
フリータイムの完全個人レッスンと
スタイルコンサルティング

を行なっております。
 
レッスンは
  貴女のペースに合わせて、
    オーダーメイド感覚で
        受講して頂けます。

普段キモノ生活を実践している講師が、
着崩れしにくく
   しんどくない
      キレイな着付け

を実現するために、疑問やつまづき、
お悩みを残すことなく
丁寧にご指導いたします。

気負うことなく
気軽にキモノスタイルを楽しみましょう

カラー&ラインコンサルティングは、
着付けレッスンご受講の有無に関わらず
お受け頂けます。

似合う色や素材・デザイン
   それらをお伝えするだけではなく
       スタイルのご提案まで

しっかりとさせて頂きます。

迷うことなく 
自分らしいスタイル
なりたいスタイルを作りましょう



*ハジメテコース・ポイントコース 
 1レッスン90分5,400円

*着せ付けコース
 1レッスン90分5,400円

___________________________

*カラー&ラインスタイルコンサルティング(パーソナルカラー+ラインアナリシス)
180分32,400円(カラーサンプル帳含む)



お問い合わせ等、下記のメールフォームにても受け付けております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事✩チェキラ!!!
FaceBook・モリタマミページはコチラ☆
FB・ツバキ庵ページもございます✩



ツイートはコチラで☆
フォローお待ちしております♪



最近のコメント
カテゴリー
楽天でお買い物☆
MOBILE
携帯からご覧頂くには、こちらをバーコードリーダーで読み取ってくださいまし♪
QR
過去ログ
FC2カウンター
リンク✩
ブログ内検索
 お太鼓レッスンと半幅帯レッスン
2008/06/09//Mon///20:51


いつも楽しくレッスンの様子をレポしてくださるエビ番長さん
この日はお太鼓結び。
ALL手結びの経験は初めて とのことでしたが、
帯の構造をすっかりお分かり頂いているので、スイスイとスムーズに進みます。

と~っても長尺の塩瀬の帯。
手先を長めにとって巻いていきます。
帯の上端は空け気味に、下端を締める意識で。
帯枕を背中にピタっと歪まずに乗せる時のコツも、お伝えして。

CA390492.jpg

おお。綺麗です

次回は角出しレッスンです。
更に楽しく楽ちんなキモノ道、どんどん突き進んでくださいね♪

そしてこのあとのレッスンのYさんと、キモ玉会以来の再会。
きゃあとひと盛り上がりしての記念撮影。

c0082355_22585112.jpg
エビ子さんのお顔に【ちび】とあるのは、この画像をブログから拝借したから。
決して私がエビ子さんを【ちび】呼ばわりしたわけではございません!!

そしてこの記事を書き終わってアップしようとしたら。。
なんとエビ子さんが骨折・入院なさっているとのこと。。
なんとおいたわしい。くれぐれもお大事に。
しっかり養生してくださいね~。


*************************

Yさんは3週間ぶりのレッスンでした。
前回の角出しがうろ覚えになっているとのことなので、再度復習。
その後この日の本題半幅帯レッスンに入ります。

お持ち頂いた半幅帯は、帯地も柔らかく長さも十二分にありましたので、
リボン返しがぴったり。
こんなアレンジも決まります。  CA390493.jpg

帯締めを用いて、割角出し風に。
リバーシブルの帯ならではの楽しさがありますよね~。

もう一つ。笹結びもお伝え致しました。
この結び方は短め・しっかり目の帯で再チャレンジしてくださいね。

Yさんの衿元と襦袢袖。生成りのコットンレースが可愛かった~☆

CA390495.jpg

かなりフェチな(笑)角度ですが ^_^;
CA390494.jpg

やっぱり襦袢のお袖があると女子な感じがムンムンです。
(私は筒袖だけで済ませてしまうことが多いですが ^_^;)




関連記事







○Comments on this preview









ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]
copyright (C) 2006 ツバキ庵のキモノ日記 all rights reserved. [ template by *03 ]
//