FC2ブログ
・・・大阪・堺でマンツーマンの着付け教室を営む着付け講師の、普段キモノを楽しむ日々を徒然に…
プロフィール

マミ

Author:マミ
* * * * * * * *

いらっしゃいませ。
ツバキ庵主宰
スタイルアップコンサルタント
モリタ マミです。

似合う着付け(着付けレッスン)
似合う色(パーソナルカラー) 
似合うデザイン(ラインアナリシス)


ツバキ庵では貴方がより素敵に見えるよう多方面からサポートいたします。

* * * * * * * *

ツバキ庵は、
フリータイムの完全個人レッスンと
スタイルコンサルティング

を行なっております。
 
レッスンは
  貴女のペースに合わせて、
    オーダーメイド感覚で
        受講して頂けます。

普段キモノ生活を実践している講師が、
着崩れしにくく
   しんどくない
      キレイな着付け

を実現するために、疑問やつまづき、
お悩みを残すことなく
丁寧にご指導いたします。

気負うことなく
気軽にキモノスタイルを楽しみましょう

カラー&ラインコンサルティングは、
着付けレッスンご受講の有無に関わらず
お受け頂けます。

似合う色や素材・デザイン
   それらをお伝えするだけではなく
       スタイルのご提案まで

しっかりとさせて頂きます。

迷うことなく 
自分らしいスタイル
なりたいスタイルを作りましょう



*ハジメテコース・ポイントコース 
 1レッスン90分5,400円

*着せ付けコース
 1レッスン90分5,400円

___________________________

*カラー&ラインスタイルコンサルティング(パーソナルカラー+ラインアナリシス)
180分32,400円(カラーサンプル帳含む)



お問い合わせ等、下記のメールフォームにても受け付けております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事✩チェキラ!!!
FaceBook・モリタマミページはコチラ☆
FB・ツバキ庵ページもございます✩



ツイートはコチラで☆
フォローお待ちしております♪



最近のコメント
カテゴリー
楽天でお買い物☆
MOBILE
携帯からご覧頂くには、こちらをバーコードリーダーで読み取ってくださいまし♪
QR
過去ログ
FC2カウンター
リンク✩
ブログ内検索
 お太鼓復習・二重太鼓レッスン
2008/03/26//Wed///21:52


この日のレッスンはお二方がお太鼓の復習レッスン。
(個人レッスンですので、お時間は違います。)
奇しくもお二方ともイニシャルがOさんでいらっしゃいました。。

襦袢の着方をみっちりご説明差し上げていますので、衿元・衣紋の抜きはばっちり。
着物の上前の合わせる位置・下前の上げ具合なども、
何回かお召し頂いている間にコツを掴んでくださったご様子。

一重太鼓に関しては、構造を理解する理詰めの『男脳』が役立つようです。
私はというと。。完全にニュアンス重視の『女脳』。
習い始めた頃の初回のお太鼓レッスンの際は、かなり四苦八苦いたしました。

ただただ先生の言わはった通りにやるべし!やるべし!
そうなんです。
私の場合、自主練の回数は非常に多かったので、なんとかカラダで覚えました。
女脳でも自主練あるのみ!です。
練習なくして上達なし です。
あ~、熱血志向がボロボロ出ている ^_^;


今回画像を残したのは夜のレッスンのOさんです。

Oさん お太鼓・復習の回①
こちらの帯、思いのほか長くて、お太鼓を作るのに一苦労。
ですのでスムーズに柄出しも出来るように、一工程加えた結び方をご案内いたしました。
仕上がりは上々です☆

柔らかもんの茶色の小紋に、赤の刺し子(麻の葉柄)の半衿を合わせていらっしゃいます。
地味になりがちな色目のお着物が、一気に華やぎました。

画像でははっきりと見えなくて残念★ Oさん お太鼓・復習の回②


*************************************

Uさんは袋帯で二重太鼓のレッスン。
その前に、着付けた時のお悩みをお聞きしました。
衣紋を抜いたはずなのに、着ているうちに上がってくる。
着物のすそが落ちてくる。
この原因を究明したところ。。胸紐・腰紐の緩さ。でした。

実はUさん、以前お出かけされた際に、紐がきつくて苦しくなったご経験があったとのこと。
それ以来きっと意識的に緩めに仕上げていらっしゃるのでしょう。
胸紐に関してはぎゅうぎゅう締めなくても良いのですが、
背中心をある程度締めておかないと、安定が悪く緩みがちになってしまいます。
基本的には普段キモノは補正なしでラクに♪とご案内したいところですが、
体型によっては補正を入れた方が、着姿が安定してよりラクに着ることが出来ます。
Uさんの場合も、アンダーバストと腰回りにタオル補正をした方が、
よりラクに、そして着崩れなく着付けて頂けるのではないでしょうか。

二重太鼓のレッスンはとってもスムーズに進みました。
教室の袋帯を使ってのこの出来上がり。

Uさん 二重太鼓

ピシッと決まっていますね。

ピンクの小紋の柔らかもん、可愛らしいでしょう。
紅型染めの名古屋帯を合わせて、甘さを抑えた着こなしをされていました。
画像に残せばよかった。。

*********************************

この日のキモノ。
笑丸さんの秘密の落語会におろした紫のグラデーション紬。
全体に紫でまとめて、少しばかり女らしい風情に。。見えますか?!

3.25 キモノ・前

手ぬぐいを半衿に使うときは、大抵小さな柄のものを選ぶのですが、
少し大振りな模様も上手い具合に出れば◎。
これは成功の巻~☆  3.25 衿元


笹結びでざっくりと。  3.25 キモノ・後ろ
補正なしなので、シワも寄りますわ~。ちょこっと手直ししてから撮影をば。

ポカポカ陽気に誘われてコットンレースの足袋を履きました。

ココだけ乙女な感じ(笑)3.25 キモノ・足元
関連記事







○ 2008/03/28 09:22

☆miyaさん
確かにレッスンは汗まみれ(笑)
ハイ!もう一回!! 
の世界ですからね~。
ツバキ庵にお越しくださる方々、ほんとにいつもお洒落さんで。
眼福をさせて頂いております♪
船場、楽しかったでしょ~(*^_^*)

マミ | [ Edit ]
○ 2008/03/26 23:50

着付けってゆるゆるりとするものだと思ってましたが
実際、おけいこは汗だくの体育会系の空気ですね。
実はマミさんの日記の楽しみの1つは、
ツバキ庵の生徒さん達のお着物だったりします。
明日は船場を探検してきます~。

miya | [ Edit ]
○Comments on this preview









ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]
copyright (C) 2006 ツバキ庵のキモノ日記 all rights reserved. [ template by *03 ]
//