FC2ブログ
・・・大阪・堺でマンツーマンの着付け教室を営む着付け講師の、普段キモノを楽しむ日々を徒然に…
プロフィール

マミ

Author:マミ
* * * * * * * *

いらっしゃいませ。
ツバキ庵主宰
スタイルアップコンサルタント
モリタ マミです。

似合う着付け(着付けレッスン)
似合う色(パーソナルカラー) 
似合うデザイン(ラインアナリシス)


ツバキ庵では貴方がより素敵に見えるよう多方面からサポートいたします。

* * * * * * * *

ツバキ庵は、
フリータイムの完全個人レッスンと
スタイルコンサルティング

を行なっております。
 
レッスンは
  貴女のペースに合わせて、
    オーダーメイド感覚で
        受講して頂けます。

普段キモノ生活を実践している講師が、
着崩れしにくく
   しんどくない
      キレイな着付け

を実現するために、疑問やつまづき、
お悩みを残すことなく
丁寧にご指導いたします。

気負うことなく
気軽にキモノスタイルを楽しみましょう

カラー&ラインコンサルティングは、
着付けレッスンご受講の有無に関わらず
お受け頂けます。

似合う色や素材・デザイン
   それらをお伝えするだけではなく
       スタイルのご提案まで

しっかりとさせて頂きます。

迷うことなく 
自分らしいスタイル
なりたいスタイルを作りましょう



*ハジメテコース・ポイントコース 
 1レッスン90分5,400円

*着せ付けコース
 1レッスン90分5,400円

___________________________

*カラー&ラインスタイルコンサルティング(パーソナルカラー+ラインアナリシス)
180分32,400円(カラーサンプル帳含む)



お問い合わせ等、下記のメールフォームにても受け付けております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事✩チェキラ!!!
FaceBook・モリタマミページはコチラ☆
FB・ツバキ庵ページもございます✩



ツイートはコチラで☆
フォローお待ちしております♪



最近のコメント
カテゴリー
楽天でお買い物☆
MOBILE
携帯からご覧頂くには、こちらをバーコードリーダーで読み取ってくださいまし♪
QR
過去ログ
FC2カウンター
リンク✩
ブログ内検索
 浴衣レッスン報告
2007/07/22//Sun///23:28


さて、一回完結浴衣レッスン
今回ものんびり~・まったり~・ゆるゆるモードで進めさせて頂きました♪
相変わらずレッスン中は笑い声がこだましすぎて、家人たちには、
「ほんまにレッスンしてるんかいな。。」との、不信感を抱かせておりますが(笑)

本日ご参加のYさんは、ご自身でお着物の着付けはおありでしたので、
浴衣本体は、どうだ!と言わんばかりのキレイな仕上がり。
しかしながら、帯結びの方が自信がない とのことでした。

レクチャーしたのはリボン返し。
簡単、かつ華やかさ度200%のデキル奴です。
まずは半幅帯のみでのベーシックなパターン。
結び方をしっかり反復して覚えて頂いた後は、
お手持ちの半幅帯に兵児帯をプラスしての二本使い。
ベースの半幅帯は、あくまでも影武者のような存在で、
兵児帯のボリュームアップに一役も二役もかう役割。

その仕上がりがこちら。 Yさん 兵児帯

かなり個性的な雰囲気の兵児帯でしたが。。
これがまた、上品な雰囲気の浴衣にピリッとスパイスを効かせていて、物凄く素敵でした!!

ボリューム感が少ない兵児帯の場合は、やはりこのようなダブル使いがベストですね。

レッスン後はお住いがご近所ということで、地域の話題でひと盛り上がり。
堺にカフェって少ない(ほぼない)ですよね~ とか。(結構深刻なんです★)
また新規開拓されたら、教えてくださいね、Yさん!


本日のキモノ。浴衣です。
千鳥が観世水模様にぷかぷか浮かび飛んでます。
 
千鳥浴衣

浴衣は補正が大事。。といいつつも、暑くてめんどくさくていつも通りに補正なし(^_^;)
関連記事







○Comments on this preview









ブログ管理人にのみ表示を許可する


Trackback
浴衣
浴衣浴衣(ゆかた)は和服の一種である。安土桃山時代頃から、湯上りに着て肌の水分を吸い取らせるための「湯帷子」(ゆかたびら)という衣類がひろく用いられるようになり、これが江戸時代に入って庶民の愛好する衣類の一種となった。「ゆかた」の名は「
//みなみのblog 2007/07/28 11:01
trackback_url
http://tsubakian.blog52.fc2.com/tb.php/487-bcadb808
[TOP]
copyright (C) 2006 ツバキ庵のキモノ日記 all rights reserved. [ template by *03 ]
//