FC2ブログ
・・・大阪・堺でマンツーマンの着付け教室を営む着付け講師の、普段キモノを楽しむ日々を徒然に…
プロフィール

マミ

Author:マミ
* * * * * * * *

いらっしゃいませ。
ツバキ庵主宰
スタイルアップコンサルタント
モリタ マミです。

似合う着付け(着付けレッスン)
似合う色(パーソナルカラー) 
似合うデザイン(ラインアナリシス)


ツバキ庵では貴方がより素敵に見えるよう多方面からサポートいたします。

* * * * * * * *

ツバキ庵は、
フリータイムの完全個人レッスンと
スタイルコンサルティング

を行なっております。
 
レッスンは
  貴女のペースに合わせて、
    オーダーメイド感覚で
        受講して頂けます。

普段キモノ生活を実践している講師が、
着崩れしにくく
   しんどくない
      キレイな着付け

を実現するために、疑問やつまづき、
お悩みを残すことなく
丁寧にご指導いたします。

気負うことなく
気軽にキモノスタイルを楽しみましょう

カラー&ラインコンサルティングは、
着付けレッスンご受講の有無に関わらず
お受け頂けます。

似合う色や素材・デザイン
   それらをお伝えするだけではなく
       スタイルのご提案まで

しっかりとさせて頂きます。

迷うことなく 
自分らしいスタイル
なりたいスタイルを作りましょう



*ハジメテコース・ポイントコース 
 1レッスン90分5,400円

*着せ付けコース
 1レッスン90分5,400円

___________________________

*カラー&ラインスタイルコンサルティング(パーソナルカラー+ラインアナリシス)
180分32,400円(カラーサンプル帳含む)



お問い合わせ等、下記のメールフォームにても受け付けております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事✩チェキラ!!!
FaceBook・モリタマミページはコチラ☆
FB・ツバキ庵ページもございます✩



ツイートはコチラで☆
フォローお待ちしております♪



最近のコメント
カテゴリー
楽天でお買い物☆
MOBILE
携帯からご覧頂くには、こちらをバーコードリーダーで読み取ってくださいまし♪
QR
過去ログ
FC2カウンター
リンク✩
ブログ内検索
 乙女ですものっっ
2006/04/08//Sat///14:02


バレエのレッスン着といえば、一般的にはレオタードというものを装着します。
が、しかし!エセ・バレリーナ(笑)のわたくしとしては、
どーもレオタードを着るのが恥ずかしくって
大人のクラスが始まる前にジュニアクラスのレッスンがあるのですが、
彼女たちの日本人離れしたプロポーションのレオタード姿を見てしまうと、
ますます着れないっっ

そうは言ってもヒップホップのダンサーのようなダボダボファッションでは
レッスンは受けられないので、一応体のラインがわかるモノとして
ストレッチのキャミソールに一分丈スパッツ&タイツ
というゴマカシスタイル(笑)で挑んでいた私。。
でも傍目にはレオタードを着ているように見えるので、
実際体型なんかはモロ!わかりなのですが

ただストレッチキャミでこれといったモノがなかなか見つからなくって
いつも無印の黒キャミで地味~にまとめておりました。。
でも今日レッスンに行く為準備をしていた際に、
着物を着る時のヘビーローテーションになっている『乙女シャツ』にふと目がいって…
ありゃ、これ使えるカモ♪とびびっと来たのです。
20060408133453.jpg

着物用の下着なので、襟ぐりも大きく開いていますし、
このカシュクールタイプはバレエのレオタードにもある形でとってもエレガント
そしてなんといってもピタッと体にフィットして、とっても綺麗なラインを出してくれるのです♪
なので今日のレッスンはこのタイプのピンクのカシュクールシャツにグレーの一分丈ニットパンツ
という、結構かわいめスタイルで受けて参りました。

これはイラストレーターのハセガワアヤさんがデザインされたもので、
購入はアヤさんのショップmignon堂さんか、クチュールさんで出来ます

着物にバレエに使えるなんて。。
なんて私仕様な品物なのかしらと、一人浮かれた良き日でございました(笑)
関連記事







○Comments on this preview









ブログ管理人にのみ表示を許可する


Trackback
trackback_url
http://tsubakian.blog52.fc2.com/tb.php/32-c4c45844
[TOP]
copyright (C) 2006 ツバキ庵のキモノ日記 all rights reserved. [ template by *03 ]
//