FC2ブログ
・・・大阪・堺でマンツーマンの着付け教室を営む着付け講師の、普段キモノを楽しむ日々を徒然に…
プロフィール

マミ

Author:マミ
* * * * * * * *

いらっしゃいませ。
ツバキ庵主宰
スタイルアップコンサルタント
モリタ マミです。

似合う着付け(着付けレッスン)
似合う色(パーソナルカラー) 
似合うデザイン(ラインアナリシス)


ツバキ庵では貴方がより素敵に見えるよう多方面からサポートいたします。

* * * * * * * *

ツバキ庵は、
フリータイムの完全個人レッスンと
スタイルコンサルティング

を行なっております。
 
レッスンは
  貴女のペースに合わせて、
    オーダーメイド感覚で
        受講して頂けます。

普段キモノ生活を実践している講師が、
着崩れしにくく
   しんどくない
      キレイな着付け

を実現するために、疑問やつまづき、
お悩みを残すことなく
丁寧にご指導いたします。

気負うことなく
気軽にキモノスタイルを楽しみましょう

カラー&ラインコンサルティングは、
着付けレッスンご受講の有無に関わらず
お受け頂けます。

似合う色や素材・デザイン
   それらをお伝えするだけではなく
       スタイルのご提案まで

しっかりとさせて頂きます。

迷うことなく 
自分らしいスタイル
なりたいスタイルを作りましょう



*ハジメテコース・ポイントコース 
 1レッスン90分5,400円

*着せ付けコース
 1レッスン90分5,400円

___________________________

*カラー&ラインスタイルコンサルティング(パーソナルカラー+ラインアナリシス)
180分32,400円(カラーサンプル帳含む)



お問い合わせ等、下記のメールフォームにても受け付けております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事✩チェキラ!!!
FaceBook・モリタマミページはコチラ☆
FB・ツバキ庵ページもございます✩



ツイートはコチラで☆
フォローお待ちしております♪



最近のコメント
カテゴリー
楽天でお買い物☆
MOBILE
携帯からご覧頂くには、こちらをバーコードリーダーで読み取ってくださいまし♪
QR
過去ログ
FC2カウンター
リンク✩
ブログ内検索
 「王と鳥」
2006/08/30//Wed///23:09


梅田ガーデンシネマで9月1日まで上映予定の「王と鳥」を観て来ました。

宮崎監督好きな私としては、是非押さえておきたい作品。

だって
高畑勲、宮崎駿をアニメーションへと誘った不朽の名作。
ジブリの “原点”とも言うべき映画。

という謳い文句で宣伝されているんですもの。。

10:30からの上映に間に合うよう、洗濯物も干さずに(娘たちに任せて
一路ガーデンシネマへ。
梅田駅からの地下道が、また妙に長いんです★
いつも途中で酸欠になりそうになる私。。

なんとか劇場フロントに到着してチケットを買う為並んでいると、
前の親子(たぶん私と娘くらい?)が何やら相談中。
耳をそばだてると、どうやら「王と鳥」のすぐ後に上映される
「ハチミツとクローバー」と続けて観ようかどうか迷っている様子。
結局2本立てで買ってはりました。
すごーい!もう今の私にはそんな気力・体力ない~★
2本・3本立ては東映まんが祭り(笑)止まりやわー と心底思った次第。
とりあえず「ハチクロ」はあんまり興味がないのでノレなかったのかな?
ラブリー過ぎてダメなんです。
「NANA」も然り。
少女漫画があかんのかも。と最近気付きました。
なんせ「絶望先生」でウケまくっている私なもんで^_^;


…と、えらく前置きが長くなりましたが肝心の本編。
映画に纏わる話などは公式ホームページを見てもらえばよろしいかと。。
その中の太田光(爆笑問題)のコラムと高畑勲監督との対談がおもしろかったですね。

制作側でトラブルがあった為、1953年にフランスで公開された
「羊飼い娘と煙突掃除人」(邦題「やぶにらみの暴君」)を、
1967年から12年かけて前作の約半分を作り直して
1979年にようやく納得のいくものとして公開したという曰くつきの作品。

そういう背景があったからか、決定的に絵柄が違う部分があからさまに。。
同じシーンでも描かれる人物のタッチが違っているのです。
古いアニメでは黒目がベタ塗りされていないシーンが出てきたり、
(タンタンでよくある(笑))急に絵の遠近感がなくなったり(妖怪人間ベムでよくある(笑))
結構ラフな作り方してたんだな、と感じることがありますが。。
こちらはいかにも切って貼って継ぎ足して。。と大変な作業だったのが
手に取るように解るところが、なんとも★★★

ストーリーに関してはどうも深読みするのが不得手なもので、
これは9.11のテロを表しているように感じる…とか
王の隠し部屋が現代の『萌え』に通じる…とか
そう言われてみればそうなんかな~
と、ぼんやり感じる程度でございました。

確かに50年以上前のアニメーションとは信じがたい
奇想天外なアイデアの連続でほおぉ と感じたり、
明快 というよりもちょっと意地悪な感じの笑いがツボだったり、
おもしろい映画でした。

ただ、ただ。。
主人公の王様。
保●尾田保●男に見えてきちゃって(>_<)
見れば見るほど。。
あぁ、やだやだ。自分の思考回路が。。
パンフは買った。一応。こちらが保毛尾田サンです(笑)

関連記事







○ 2006/09/03 10:20

☆琴さん
よかった~。この話題に乗っかってくれる人がいて。。
さすが同級生!うれしい(;_;)
ストロベリーねー。あぁ、みなさんのおかげです、も一回見たい!

マミ | [ Edit ]
○ 2006/09/02 23:02

ほほほ、ホンマや~!!
ストロベリィも好きでした、私(^^)

○Comments on this preview









ブログ管理人にのみ表示を許可する


Trackback
trackback_url
http://tsubakian.blog52.fc2.com/tb.php/170-efd89c1e
[TOP]
copyright (C) 2006 ツバキ庵のキモノ日記 all rights reserved. [ template by *03 ]
//