・・・大阪・堺でマンツーマンの着付け教室を営む着付け講師の、普段キモノを楽しむ日々を徒然に…
プロフィール

マミ

Author:マミ
* * * * * * * *

いらっしゃいませ。
ツバキ庵主宰
スタイルアップコンサルタント
モリタ マミです。

似合う着付け(着付けレッスン)
似合う色(パーソナルカラー) 
似合うデザイン(ラインアナリシス)


ツバキ庵では貴方がより素敵に見えるよう多方面からサポートいたします。

* * * * * * * *

ツバキ庵は、
フリータイムの完全個人レッスンと
スタイルコンサルティング

を行なっております。
 
レッスンは
  貴女のペースに合わせて、
    オーダーメイド感覚で
        受講して頂けます。

普段キモノ生活を実践している講師が、
着崩れしにくく
   しんどくない
      キレイな着付け

を実現するために、疑問やつまづき、
お悩みを残すことなく
丁寧にご指導いたします。

気負うことなく
気軽にキモノスタイルを楽しみましょう

カラー&ラインコンサルティングは、
着付けレッスンご受講の有無に関わらず
お受け頂けます。

似合う色や素材・デザイン
   それらをお伝えするだけではなく
       スタイルのご提案まで

しっかりとさせて頂きます。

迷うことなく 
自分らしいスタイル
なりたいスタイルを作りましょう



*ハジメテコース・ポイントコース 
 1レッスン90分5,000円

*着せ付けコース
 1レッスン90分5,000円

___________________________

*カラー&ラインスタイルコンサルティング(パーソナルカラー+ラインアナリシス)
180分30,000円(カラーサンプル帳含む)


レッスン内容の詳細は

ハジメテ着付けツバキ庵HP
http://tsubakian.net/

をご覧くださいませ。

カラー&ラインスタイルコンサルティングに関しては、ブログにてご案内致します。

お問い合わせ等、下記のメールフォームにても受け付けております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事✩チェキラ!!!
FaceBook・モリタマミページはコチラ☆
FB・ツバキ庵ページもございます✩



ツイートはコチラで☆
フォローお待ちしております♪



最近のコメント
カテゴリー
楽天でお買い物☆
MOBILE
携帯からご覧頂くには、こちらをバーコードリーダーで読み取ってくださいまし♪
QR
過去ログ
FC2カウンター
リンク✩
ブログ内検索
 原田真二からコシミハルまで
2010/01/28//Thu///17:20


雨なので~ YOUTUBEをうろうろと~

初めに気になったのは この方

【タイムトラベル】原田真二


この曲ほんま好きやった。風景が浮かぶもんね。凄くドラマチック
こん時黒柳さん、44歳らしい。同い年!!めっちゃオトナ!!
てか。全然変わらん!!


【シャドー・ボクサー】


当時より今の方がいい!と思ったのがこの曲。
あの時歌詞の意味までわからんかったもん。めっちゃ切ないやんか

なんせ当時小学生ながら「ええ曲やな~。」と、その世界観に惚れました。
ほんま今聴いてもカッコええもんね。
そういやアイドル視されたくない!!なんて、言ってはったなー。
でもあの容姿は…女子がほっとけへんわ~。

わわ。こんなんも見っけました。
【てぃーんずぶるーす Rock vr.】


伊東ゆかりとしばたはつみ。お二人の御大に囲まれて、堂々の演奏。


それから。この頃(1978年)といえば。。


Char!!
【闘牛士】


作詞は阿九悠氏。(原田真二は松本隆氏が手がけてました。)
「気絶するほど…」や「逆光線」なんかもありましたね。
私は断然「闘牛士」派。途中スローになるところも
Charは当時22歳。
ほ~。なんか早熟ちゃいますか~。色っぽいわ。こりゃ経験豊富そう(オバハン意見・笑)
バギーパンツがかっくいい!!


で。
原田真二ときたらば。出てきちゃうんですよね。彼女が。

コシミハル。(当時は越美晴)
【ラブステップ】


以前にも音楽カテゴリーで紹介した記憶があるのですが、
当時小6だった私にとっては、【魔女っ子メグちゃん】の主題歌みたいなとらえ方で、
好き って感じてたような気がします。(おわかりになるかしら~)

最近はこんな感じ。



細野さんとのダンス。いいわ~。

これなんか、耽美も耽美



衣装などなど。ビジュアル的にめっちゃ好き。
最後の黒のミニチュチュのダンサー。可愛過ぎ!
みんなスタイルが。リアルバービー!!
で。コシミハル、何歳??  え~と。ワタシより6つ上。。


          ひーーーーーっっっ


関連記事







○ 2010/01/29 15:58

☆emyさん
レコードやカセットテープ。
ほんに。ほんに。
ワタシ、梅田のレンタルレコードやさんで、バイトしてましたもん。わはは。
レコード借りまくり!!

コシミハル。よかでしょ~♪

マミ | [ Edit ]
○ 2010/01/29 15:57

☆琴さん
ぬわにーーーー!!!

…でも。もちろんのこと当時のCharじゃないよね?
(わたしらいくつやねん!)
今の。あの。首の長い。おじさまの。。
カッコいいよね。それでも!!

マミ | [ Edit ]
○ 2010/01/29 15:54

☆柊さん
そうですね。あの二人は、ただものでない感が漂いまくってましたよね。

ミハル女史。コチラは2006年の映像のようです。
なので ほぼ なう!! です!!
驚愕です!事件です! 柊さん!事件ですーーーーー!!


あうあうwwwwww(壊)

マミ | [ Edit ]
○ 2010/01/29 09:28

原田真二、うんうん、Char、うんうん、
まだCDが普及する前、
レコードやカセットテープでで楽しんでましたね。
最後に越美晴で、妙にウケてしまいましたわ!
ほんまにいつも絶妙なチョイスですね~。




emy | [ Edit ]
○ 2010/01/29 00:37

私、仕事でCharにインタビューしたことあるねん。
(正確にいうと初インタビューの後輩の付き添い)
ついでに握手しとけばよかったわ~。


○ 2010/01/29 00:00

原田真二も越美晴も「才能があるヒト」と位置づけた思い出があります。ナニモノでもないただの私のクセに(エラソーにも程がある!笑)。

ただ…この…最後の…いろんな意味でものすんごい完成度の越美晴って…若かりし頃じゃなくて、あのー「越美晴なう!」なんですか?。もしかしてもしかしてそうなら


ひーーーーーーーっ(笑)。



柊 | [ Edit ]
○Comments on this preview









ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]
copyright (C) 2006 ツバキ庵のキモノ日記 all rights reserved. [ template by *03 ]
//