FC2ブログ
・・・大阪・堺でマンツーマンの着付け教室を営む着付け講師の、普段キモノを楽しむ日々を徒然に…
プロフィール

マミ

Author:マミ
* * * * * * * *

いらっしゃいませ。
ツバキ庵主宰
スタイルアップコンサルタント
モリタ マミです。

似合う着付け(着付けレッスン)
似合う色(パーソナルカラー) 
似合うデザイン(ラインアナリシス)


ツバキ庵では貴方がより素敵に見えるよう多方面からサポートいたします。

* * * * * * * *

ツバキ庵は、
フリータイムの完全個人レッスンと
スタイルコンサルティング

を行なっております。
 
レッスンは
  貴女のペースに合わせて、
    オーダーメイド感覚で
        受講して頂けます。

普段キモノ生活を実践している講師が、
着崩れしにくく
   しんどくない
      キレイな着付け

を実現するために、疑問やつまづき、
お悩みを残すことなく
丁寧にご指導いたします。

気負うことなく
気軽にキモノスタイルを楽しみましょう

カラー&ラインコンサルティングは、
着付けレッスンご受講の有無に関わらず
お受け頂けます。

似合う色や素材・デザイン
   それらをお伝えするだけではなく
       スタイルのご提案まで

しっかりとさせて頂きます。

迷うことなく 
自分らしいスタイル
なりたいスタイルを作りましょう



*ハジメテコース・ポイントコース 
 1レッスン90分5,400円

*着せ付けコース
 1レッスン90分5,400円

___________________________

*カラー&ラインスタイルコンサルティング(パーソナルカラー+ラインアナリシス)
180分32,400円(カラーサンプル帳含む)



お問い合わせ等、下記のメールフォームにても受け付けております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事✩チェキラ!!!
FaceBook・モリタマミページはコチラ☆
FB・ツバキ庵ページもございます✩



ツイートはコチラで☆
フォローお待ちしております♪



最近のコメント
カテゴリー
楽天でお買い物☆
MOBILE
携帯からご覧頂くには、こちらをバーコードリーダーで読み取ってくださいまし♪
QR
過去ログ
FC2カウンター
リンク✩
ブログ内検索
 初・お太鼓 ポイントレッスン 袴着せ付け 
2009/02/14//Sat///22:20


ハジメテレッスン初回から、なんと3週間ぶりのSさん。
まずは襦袢~着物までおさらい。
ご自宅での復習のご様子が目に浮かぶような、見事な出来。
3週間のブランクなぞなんのその!で、とっても頼もしい限りです♪
すんなりと帯レッスンに進むことが出来ました。

そして、お持ち頂いた帯。ん?どこかで目にしたような。。
あ!桃葉ちゃんところの!!
そう。「桃里」さんのオークションで手に入れられたとのこと。

Sさん ハジメテコース二回目・お太鼓 
お気に入りの帯で練習するとガンバリ度数も違うのでしょうか?
ばっちりです!

もうこのままお帰りになれますね。 Sさん ハジメテコース二回目 前姿 

次回は帯までを何度も繰り返します。
今の段階で、体にしっかり沁み込ませておきましょう。

********************

お久しぶりのゆりりーんさん。
バレンタインということで、こちらの帯留め。

チョコ帯留め
わ♪すずめのトランクさんのですね☆

レッスン内容は、今一度襦袢の着方。
衣紋抜き付きの襦袢をお召しになることが多いとのことなので、
衣紋抜きが無いバージョンをしっかりおさらい。
衿元が安定すると、着姿の印象がぐん!と変わります。
そして半幅帯での割り角出し。
帯締め・帯揚げを施すことによって、お洒落度もアップ。
シックな久米島紬に、お父様の羽裏を使った半幅帯。
なんとも、つぅなコーディネートですねぇ。

ゆりりーんさん 久米島紬

**********************

あたろーさんは袴の着せ付けレッスン。

袴の着せ付けポイントは。
衣紋を抜き過ぎない。袴の衣紋

この後袴の畳み方もしっかりレクチャーさせて頂きました。
これがまた芸術的で楽しいんですよね。
親戚の方に学校の先生(女性)がおられるとのこと。
卒業式に袴、着せ付けてあげてくださいね♪

あたろーさん 

柔かい色合いの小紋には、浅緑 (あさみどり)色の縮緬半衿。
優しいイメージでようお似合いでした。

*******************

この後はワタクシのコーデへと続きます。

関連記事







○Comments on this preview









ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]
copyright (C) 2006 ツバキ庵のキモノ日記 all rights reserved. [ template by *03 ]
//