FC2ブログ
・・・大阪・堺でマンツーマンの着付け教室を営む着付け講師の、普段キモノを楽しむ日々を徒然に…
プロフィール

マミ

Author:マミ
* * * * * * * *

いらっしゃいませ。
ツバキ庵主宰
スタイルアップコンサルタント
モリタ マミです。

似合う着付け(着付けレッスン)
似合う色(パーソナルカラー) 
似合うデザイン(ラインアナリシス)


ツバキ庵では貴方がより素敵に見えるよう多方面からサポートいたします。

* * * * * * * *

ツバキ庵は、
フリータイムの完全個人レッスンと
スタイルコンサルティング

を行なっております。
 
レッスンは
  貴女のペースに合わせて、
    オーダーメイド感覚で
        受講して頂けます。

普段キモノ生活を実践している講師が、
着崩れしにくく
   しんどくない
      キレイな着付け

を実現するために、疑問やつまづき、
お悩みを残すことなく
丁寧にご指導いたします。

気負うことなく
気軽にキモノスタイルを楽しみましょう

カラー&ラインコンサルティングは、
着付けレッスンご受講の有無に関わらず
お受け頂けます。

似合う色や素材・デザイン
   それらをお伝えするだけではなく
       スタイルのご提案まで

しっかりとさせて頂きます。

迷うことなく 
自分らしいスタイル
なりたいスタイルを作りましょう



*ハジメテコース・ポイントコース 
 1レッスン90分5,400円

*着せ付けコース
 1レッスン90分5,400円

___________________________

*カラー&ラインスタイルコンサルティング(パーソナルカラー+ラインアナリシス)
180分32,400円(カラーサンプル帳含む)



お問い合わせ等、下記のメールフォームにても受け付けております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事✩チェキラ!!!
FaceBook・モリタマミページはコチラ☆
FB・ツバキ庵ページもございます✩



ツイートはコチラで☆
フォローお待ちしております♪



最近のコメント
カテゴリー
楽天でお買い物☆
MOBILE
携帯からご覧頂くには、こちらをバーコードリーダーで読み取ってくださいまし♪
QR
過去ログ
FC2カウンター
リンク✩
ブログ内検索
 半衿をたくさん出したい時は。。
2009/01/23//Fri///18:53


白い半衿の時は、意識してシャープに覗かせるようにしています。

というもの元々柄半衿をどっさり出す着方が好きなので、
白衿もついついセオリーよりも出し過ぎてしまう傾向にあるから。
(最近の自身の昭和ブームにより、きりっと白半衿を楽しむことも増えましたが…)

半衿をたくさん出したいけど、出せない。

そういう声もお聞きするのですが…


どっさり半衿 サイドショット
衿合わせの角度は深~く。(襦袢の衿端が両脇に届くほどしっかりとバストを包み込んで。)
そして衣紋もいつもより多めに抜きましょう。
浅目の衿合わせに、詰まった衣紋で半衿を多く見せようとすると、
キモノの衿合わせが限りなくタテになってしまいます

(わかりますか~??)

そして、白衿のセオリーである 
「耳の下の位置から衿を出し始める」
のではなく        
「耳の下ですでに2センチほど出す。でも背中心あたりの襦袢衿は控えておく。」
これでどっさり半衿が実現出来るかと。。

こちらは正面から。 どっさり半衿 正面 あ、衿芯はナシです。

緑×からし×紫 のこっくり色合わせの帯周り。

こっくり帯周り

でも帯も無地だし、意外とすっきり。 

縞キモノだから特に♪  意外とすっきり

関連記事







○ 2009/01/25 19:30

☆くーこさん
初コメント、ありがとうございます♪
タイムトラベル(http://www.kimonotravel.com/)の玲音先生ところに通っていらしたんですか~。
お洒落で楽しい先生ですよね。

どっさり半衿。どうかお試しくださいませ。
また遊びにいらしてくださいね(*^_^*)


マミ | [ Edit ]
○ 2009/01/25 17:17

いつも楽しみに見させていただいています。
カキコは初めてです m(__)m

マミ先生の同期生でいらっしゃる玲音先生に
着付けを以前習っていました★

半襟をたっぷり出したいな~と思っていたのですが
今回の記事でよくわかりました!
マミ先生の半襟の出し方がとっても好きです♪♪

これからも更新楽しみにしています!(^ー^)


くーこ | [ Edit ]
○Comments on this preview









ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]
copyright (C) 2006 ツバキ庵のキモノ日記 all rights reserved. [ template by *03 ]
//