FC2ブログ
・・・大阪・堺でマンツーマンの着付け教室を営む着付け講師の、普段キモノを楽しむ日々を徒然に…
プロフィール

マミ

Author:マミ
* * * * * * * *

いらっしゃいませ。
ツバキ庵主宰
スタイルアップコンサルタント
モリタ マミです。

似合う着付け(着付けレッスン)
似合う色(パーソナルカラー) 
似合うデザイン(ラインアナリシス)


ツバキ庵では貴方がより素敵に見えるよう多方面からサポートいたします。

* * * * * * * *

ツバキ庵は、
フリータイムの完全個人レッスンと
スタイルコンサルティング

を行なっております。
 
レッスンは
  貴女のペースに合わせて、
    オーダーメイド感覚で
        受講して頂けます。

普段キモノ生活を実践している講師が、
着崩れしにくく
   しんどくない
      キレイな着付け

を実現するために、疑問やつまづき、
お悩みを残すことなく
丁寧にご指導いたします。

気負うことなく
気軽にキモノスタイルを楽しみましょう

カラー&ラインコンサルティングは、
着付けレッスンご受講の有無に関わらず
お受け頂けます。

似合う色や素材・デザイン
   それらをお伝えするだけではなく
       スタイルのご提案まで

しっかりとさせて頂きます。

迷うことなく 
自分らしいスタイル
なりたいスタイルを作りましょう



*ハジメテコース・ポイントコース 
 1レッスン90分5,400円

*着せ付けコース
 1レッスン90分5,400円

___________________________

*カラー&ラインスタイルコンサルティング(パーソナルカラー+ラインアナリシス)
180分32,400円(カラーサンプル帳含む)



お問い合わせ等、下記のメールフォームにても受け付けております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事✩チェキラ!!!
FaceBook・モリタマミページはコチラ☆
FB・ツバキ庵ページもございます✩



ツイートはコチラで☆
フォローお待ちしております♪



最近のコメント
カテゴリー
楽天でお買い物☆
MOBILE
携帯からご覧頂くには、こちらをバーコードリーダーで読み取ってくださいまし♪
QR
過去ログ
FC2カウンター
リンク✩
ブログ内検索
 古式ゆかしき鍛錬技
2008/10/08//Wed///23:24


ツバキ庵から徒歩2分ほどのところに在る「水野鍛錬所」。
1872年創業の包丁屋さんです。
法隆寺の五重塔に魔除け鎌を奉納したり、河豚引包丁を開発し世に広げたり
と、その由緒正しい歴史はHPにてじっくりご確認くださいませ。

その水野さんで古式鍛錬の実演を見学出来る!というので、
いそいそと行って参りました。

初めは店頭でご主人がざっくりと刀鍛冶について説明してくだいます。
実際色々な包丁を見せて頂いて、触わらせて(持たせて)もらったり。。

CA391076.jpg
ご主人男前でした☆お話もとってもお上手。

そしていよいよ工房へ。。
刃物を作る際の、一番最初の工程を見せて頂きました。

CA391070.jpg

CA391068.jpg

CA391074.jpg
凄い迫力。
火の粉がキラキラと舞い散って、とっても綺麗でした。

職人さんの中には外国の方の姿も。。
鉄を使ったアートを作る為の修行なのかしら?

そしてもちろんこんな設備も。

鞴(ふいご)です。(奥にある方)  CA391072.jpg

見学後は皆さんお好みの包丁やら、はさみやらをお求めになられたり。
私は奥さまと大奥さまと、キモノ談義。
こんなにもお近くなのに、お目にかかるのは初めて。
ですので、かなり緊張しながらお話していたのですが、
奥さまはすでにツバキ庵のブログをご覧頂いていたそうで。。
いやいや。その方が余計に緊張しましたわ(笑)。。恥ずかしい(>_<)


昨年行われた堺文化財特別公開の見学会には、
なんと一日で1,000人(!!)近くの見学者の方がやってきたとのこと。
そう。昨年その光景(長蛇の列!!)を目にした私は、当日の見学をあきらめたのでした。
今年の特別公開は11月9日。(お寺関係の一般公開は10月31日~11月9日)
鉄砲鍛冶屋敷や、薫主堂さんなど、ツバキ庵のご近所さんが参加されます。
皆さま、堺の良さを十二分に満喫するチャンスですわよ(*^。^*)
詳しくはこちらをご参照くださいませ。 
堺文化財特別公開    http://www.city.sakai.osaka.jp/kanko/h20tokubetukokai.html

それにしても。
職人さんて素敵ですね。
白衣萌え


この日のキモノは。。

あくまでも見学させて頂く身ですので、極力地味目に。
紺地の唐草模様のようなウール。

CA391078.jpg
わかりにくいですが、こちらおはしょり出ていません。
身丈が短いので、ちっちゃいおはしょりを帯の中に内蔵(笑)しております。
こんなのもありですよね。

衿元はこちら。   衿元

関連記事







○ 2008/10/09 22:16

☆シェリーさん
何度も体験してはるんですね~。
でも何度でも見たいですよね~。
堺祭。そないにアレなんですか?一回ザビエル公園の屋台に行っただけです^_^;

☆トビナッツさん
いやいや~。
師匠も職人さんですよ~。ある意味(*^。^*)
ギターで弾き語り。かっくいいではないですか!!

マミ | [ Edit ]
○ 2008/10/09 19:20

男ですよね~

もう生き方そのものが刃に出そう

職人さんってホンマ憧れます☆

トビナッツ | [ Edit ]
○ 2008/10/09 00:53

私も昨年の長蛇の列には仰天しました。
自転車で通りかかっただけなんですが・・・あの列に加わるのは無理~っ。
ま、でも。
子供の時に学校から見学に行ったし、昨年学校でバイトしてたときにも生徒連れて行ったし、何も今無理に見なくてもいいや、と思い我慢しました。
でも何度見てもカッコいいんで、何度だって見たいです。
文化財公開も目玉だけど、私にはその前の堺まつり(10月18,19)が大目玉。
子供の頃から一年で一番楽しみなお祭りです!!!今の家に住んで一番嬉しい事ですわ。


○Comments on this preview









ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]
copyright (C) 2006 ツバキ庵のキモノ日記 all rights reserved. [ template by *03 ]
//