FC2ブログ
・・・大阪・堺でマンツーマンの着付け教室を営む着付け講師の、普段キモノを楽しむ日々を徒然に…
プロフィール

マミ

Author:マミ
* * * * * * * *

いらっしゃいませ。
ツバキ庵主宰
スタイルアップコンサルタント
モリタ マミです。

似合う着付け(着付けレッスン)
似合う色(パーソナルカラー) 
似合うデザイン(ラインアナリシス)


ツバキ庵では貴方がより素敵に見えるよう多方面からサポートいたします。

* * * * * * * *

ツバキ庵は、
フリータイムの完全個人レッスンと
スタイルコンサルティング

を行なっております。
 
レッスンは
  貴女のペースに合わせて、
    オーダーメイド感覚で
        受講して頂けます。

普段キモノ生活を実践している講師が、
着崩れしにくく
   しんどくない
      キレイな着付け

を実現するために、疑問やつまづき、
お悩みを残すことなく
丁寧にご指導いたします。

気負うことなく
気軽にキモノスタイルを楽しみましょう

カラー&ラインコンサルティングは、
着付けレッスンご受講の有無に関わらず
お受け頂けます。

似合う色や素材・デザイン
   それらをお伝えするだけではなく
       スタイルのご提案まで

しっかりとさせて頂きます。

迷うことなく 
自分らしいスタイル
なりたいスタイルを作りましょう



*ハジメテコース・ポイントコース 
 1レッスン90分5,400円

*着せ付けコース
 1レッスン90分5,400円

___________________________

*カラー&ラインスタイルコンサルティング(パーソナルカラー+ラインアナリシス)
180分32,400円(カラーサンプル帳含む)



お問い合わせ等、下記のメールフォームにても受け付けております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事✩チェキラ!!!
FaceBook・モリタマミページはコチラ☆
FB・ツバキ庵ページもございます✩



ツイートはコチラで☆
フォローお待ちしております♪



最近のコメント
カテゴリー
楽天でお買い物☆
MOBILE
携帯からご覧頂くには、こちらをバーコードリーダーで読み取ってくださいまし♪
QR
過去ログ
FC2カウンター
リンク✩
ブログ内検索
 キモラク連合会第1回は…ラクゴレンジャー!!
2007/07/06//Fri///10:08


キモノで落語 のキモラク連合会。
桃葉会長の召集で第一回が行われました。

そして、私にとって初めての繁昌亭での落語会。
同期の噺家の方々が主催する『ラクゴレンジャー』

桂三金「二人癖」 
桂文鹿「カラクゴボックス」 
桂都んぼ「三年目」
桂かい枝「秘伝書」 
桂吉弥「くしゃみ講釈」 

皆さん、汗をかきかきの大熱演。
前の方のお席で拝見できたので、汗のひとつぶまで凝視出来ました!
う~ん、おもしろかった!
個人的にツボだったのは、かい枝さんの「サンキュー、チーフ」((笑)
英語落語も興味ありありです!

そのかい枝さん、なんと9月に『N.Y繁昌亭』と題して、ブロードウエイで公演を行うとのこと!!
凄いですね~。
私も二十年ほど前のN.Y行きの際、ブロードウエイの舞台をいくつか見ましたが、
言葉がわからなくてもとっても感動した記憶があります。
今回は英語で全て演じられるんですものね。
きっと、ニューヨーカーたちを笑いの渦に巻き込むことと思います。
公演の成功を、心よりお祈りしております!

さてさて、ラクゴレンジャー ですので、赤・青・黄・緑・桃の中のどの色かをテーマに!
というドレスコードが発令^_^;されました。

私はなんとなく皆さんから、「ツバキ庵やねんからやろ~」 という
暗黙の指令が出ているのを察知しまして…
アカレンジャーコーデを考えるも。。これが難しい!
だってもう7月にも入って、赤いキモノって。赤い帯って。
暑苦しい&むさくるしい!
こうなったらマルチレンジャーや!と、一時なげやりにもなりましたが^_^;
なんとかポイント使いで赤を取り入れて、しっくりまとまった
(?!ような気が自分ではした)コーデになりました。

紗?でもなく麻?でもない謎の薄物キモノに、紗の帯。
アカレンジャーコーデ


半衿にも赤い金魚を。 アカい金魚


帯締めは先日のパターンと同様のものを使っています。
アカレンジャー 帯周り

夏は角出し~♪ アカレンジャー 角出し


開演前にレンジャー部隊と記念撮影。
吉弥さんも快く撮影に応じて下さいました。
(かい枝さん、三金さんとご一緒の写真もあるのですが、
ロクレンジャーが揃っている方をアップさせて頂きました
後列向かって左から、桃葉ちゃん、tovyちゃん、ちえさん、私、日比野琴さん
そして、吉弥さんとまりなさん

DSC00428.jpg


キモノで落語 のキモラク連合会は、桃葉会長のスケジューリングの元、
今後も続いていきそうです。
他のメンバーの方々は来週また集合されるとのこと。精力的です!!



関連記事



 今日はポイントレッスン
2007/07/05//Thu///23:21


ツバキ庵では、自分で着付けは出来るのだけれど、うまくいかないところがあって…
という、お悩みをお持ちの方の為にポイントレッスンも行っております。
ここを解決したい!と、項目を掲げて頂ければ、
出来る限り全て解決出来るよう進めて参ります。

今日お越しの方は、補正の方法・半衿の出し方・おはしょりの処理・角出しの結び方 etc…
を、ズバッと?(^_^;)解決させて頂きました。

本当にみっちり濃い~レッスンになりますので、お疲れになるかも。。
と、いつも心配はあるのですが、こうしたい!というイメージがおありなので、
どの方もとても熱心に集中して受講してくださいます。
瞳の奥は燃えている
そんな感じですね。


レッスン後着替える予定がありましたので、
この時のいでたちの画像を残し忘れました(T_T)
すっかりおうちキモノの常連(というか最近アップしているのんコレばっか^_^;)
になっている紺格子しじら。マリンカラーの半幅で元気な雰囲気に。
そうそう、このしじら、袖の丸みが可愛いのです♪

紺格子しじら まあるいお袖♪



関連記事



 着せ付けレッスン~浴衣編~
2007/07/04//Wed///13:31


この日の着せ付けレッスンは、記念すべきツバキ庵のお一人目の生徒さん。
去年のうちにハジメテコースは終えられ、普段キモノ生活を存分に楽しんでおられます。
浴衣シーズンに入り、お友達に着付けてあげたい ということで、今回受講を始められました。

第一回目は、肌着~補正~浴衣までの流れで、まずは私が説明をしながら着せ付け。
浴衣の場合はしっかりと補正をすることによって、寝巻きっぽくなく、ピシッと着ることが出来ます。
そして、補正により着崩れも防いでくれます。
ですので、補正の位置と分量も重要。

注意事項を気に留めて頂きながら、いざ初!着せ付けです。

こうしたい という出来上がりの形をしっかりとイメージしながらの着せ付けは、
仕上がりも綺麗です。
こうする為には、この一手が必要。。というポイントも、するすると入っていきます。
なんといっても、自分で着るときより確実に綺麗に着せてあげられる
これがほんとに楽しいんですよね♪

こちらが出来上がり。おはしょりの長さは、紐を使って調整。

初・浴衣着せ付け 正面

            
               初・浴衣着せ付け 後ろ

次回は帯まで進む予定。
お友達の喜んでもらえる顔を想像しながら、楽しくレッスンしましょうね。


この日のキモノ。
先日の民芸風しじらです。白と紺でシンプル目に合せてみました。

紺格子しじら リベンジ

半衿はこの季節ヘビーローテのコットンレース。(Wayou Sewing Studioさんのもの)
                コットンレース半衿

紺色の絽の帯。帯揚げは紺のドット柄の、●印良品のガーゼマフラーです。
紺格子しじら 帯周り


久しぶりに全身のバックショット。格子しじら バックスタイル



そして、足元のタビックス。配色が気に入って購入したのですが…
なぜにス●ーピーのワンポイント~★なんでス●ーピー?!



関連記事



 またまた半幅帯のススメ
2007/07/03//Tue///12:20


先日の着せ付けレッスンでは、半幅帯結びのバリエーションと浴衣着せ付けの注意点を復習。

半幅帯は貝の口と矢の字。
どちらもオトナな雰囲気で、粋にカッコ良く着こなしたい方にはぴったり!
しかも、後ろがフラットに仕上がるので、人ごみに揉まれてもへっちゃらです。
椅子の背もたれに、ぴったりともたれられるしね(^.^)

受講してくださったマキさんの仕上げは、こちらをご覧下さい♪

ツバキ庵的コーデ遊びとして、古典柄の番傘柄の半幅帯を、
モダンなトリコロールカラーの浴衣に合わせてみました。
きりっと貝の口。 貝の口


大人コーデですので、帯位置も下目。
浴衣・古典バージョン


矢の字はヒップカバーが出来るのも嬉しい♪
矢の字 浴衣

 
無地とのリバーシブルの帯ですので、正面のイメージもガラリと変わります。
浴衣・帯締め


矢の字は帯締めが必須なのですが、今回はこんなものを使ってみました。 
帯締め?!

コレは市販のものですが、簡単に手作り出来ますよね。


ちなみにこの日のワタクシ。
紺の格子のしじら着物に、半幅帯。

紺格子しじら&半幅帯

衿元は鱗(うろこ)柄手拭い。 うろこ半衿



…このキモノ、こうして見るとまたまた民芸色が色濃くでてしまってる。。
帰省した時の悪夢(笑)が…
以前の二の舞にならないコーデを考えねば!


関連記事



<< back [TOP]
copyright (C) 2006 ツバキ庵のキモノ日記 all rights reserved. [ template by *03 ]
//